散らかっていた実家の自室を大掃除

私は大学進学を期に実家を出てそれからはずっと1人暮らしをしていて、就職後は忙しさもあってあまり実家には帰っていませんでした。

しかしある時に久しぶりに実家に帰る機会があって、その際に何年かぶりに自分の部屋を見たらビックリするくらい散らかっていました。

実家を出てから何年も手つかずのまま当時の状態をキープしていたので当然といえば当然だったのですが、流石にこのままだといけないと思ったので大掃除することにしました。

とりあえずまず最初にやったのは私物を整理することで、必要な物とそうでないものを分別しました。

その上で何でもかんでも捨てるのは良くないと思ったので、不要な物の中から売れそうな物を探して、該当するものは全て買い取りに出しました。

すると合計で1万2000円くらいになったので、大掃除のついでにちょっとしたお小遣い稼ぎになりました。

残った売れそうにない物に関しては全部捨てたところ、だいぶ物が片付いて部屋がスッキリとしたので、最後に残った物を整理整頓して床をキレイに拭きました。

忙しい中で何日かに分けて作業したので思ったよりも時間は掛かりましたが、散らかった部屋がキレイになるのは気分が良かったので、頑張って大掃除をやって大正解だったと感じています。”