捨てやすいものから始める整理整頓

私が整理したかったのにずっと手を付けられなかったものは、洋服でした。クローゼットにいっぱいになったたくさんの洋服は、捨てるかどうかを判別することすら気が遠くなるくらいのものだったのです。
しかし、あるとき“モノを捨てた方が良い、捨てると幸せになって運をつかめる。”と本で読んだのです。それをきっかけにして、ようやく重い腰をあげました。まずは積を取っているコートなどから始めてみました。すると、これは高かったのだっけ・・・、などと捨てることを決断できないまま時間ばかりが経っていきました。その日は作業をいったん打ち切りにしました。
次の日に、まずは捨てることを躊躇しないようなTシャツからやり直してみたのです。それで捨てるリズムがついてきて、服を捨てる決断力が湧き出てきました。その日のうちにスーツやコートなどの大物の仕訳も終わり、無事に服の断捨離が完了しました。
そのときの経験から、何かを捨てる作業をするときには安かったり捨てることを気軽に決断できるものから始めることで、すっきりと整理整頓できるようになりました。